My Favoriteのコーナーです。
最近チョーヤ梅酒のテーマソングを担当してから
ウメッシュにはまってます。

マイブームは、ファニーカンパニーに行って、
ママと菊りんにしごかれること!
その後、反省会を名目に飲みに行く事!?

マークマーフィーを聞かされ、
めちゃかっこいい〜と思う今日この頃。
特にマイ・フーリッシュハート。

ママには歌の真髄を教えられた感じ。。。
中音の出し方、早いテンポの曲を若いうちに
マスターし、
バラードはその後でゆっくりやればいい。

若い時にできることは、
今の内にということでしょうか。

声のキャパが100あるうちの80くらいで余裕を持ちたい。

ダイアナ・クラールなんか、ピアノもうまいし、歌もすごい。

ところで、休日は、直さんとこで、わけわからんことしてます・・
合間に歌の練習かな?

好きな食べ物は、焼きそば。
やっぱりニンニク入り、塩ダレ。

サラ・ヴォーンが、ウィスキーと、とっても相性がいい!
あてなし。といっても、やっぱり、モロッコ産のたこが合う?

たこ焼きのたこはモロッコ産がベスト。
明石のたこは水気がおおい???
食べて、飲んで、腹筋で、声量!!

5月22日に衝撃を受けた。
それからというもの、少し真面目になった自分がいる。

Taeko Fukao http://www.songbirdtaeko.com/

NYで活躍中のJAZZシンガー。
雑誌「AERA」1月号にも載っておられました。
ツアーのため一時帰国。
そのライブが祇園のファニーカンパニーであったので見に行きました。

「すごい・・・・」

鳥肌が収まらなかったんです。
全部録音して、毎日聞きたおしていますが、何回聞いても鳥肌がたつ。
何がすごいって、テクニックがすごいんですけど。
「うまい?下手?」とかそんなんじゃないんですよ。
一音一音に意味があるんです。
ストレートな音と言葉。
逃げる音なんてひとつもないんです。

「綺麗に歌おう」とか、「綺麗な声を出したい」とか、私は考えてしまうんです。

でも、たえこさんは違いました。

「言葉があるから歌なのに。なぜ言葉を伝えようとしないの?」
「綺麗な声?あなたの声は誰にも出せないのよ。そのままでいいのよ」
「いいか悪いかっていうのは、お客さんが判断すること。歌詞に心をこめて歌えば、
誰かわかってくれる」

バラードを聞いたとき、涙がぽろぽろ流れてきて、最近泣くことがなかったので動揺してしまいましたが、
「本物ってこういうことなんだ」と素直に思えたのです。

「You Taught My Heart To Sing」
「Spring Can Really Hung You Up The Most」
「Up Jumped Spring」
「Waters Of March」

たえこさんが歌っていたこの4曲。
難曲ですが、自分のスタイルで歌えるように
何回も歌っていきたいです。
9月にはライブで歌う予定。
春の歌ばかりですが・・・・。いいよね・・・?

たえこさんからいただいた言葉があります。

「Keep Singing」






2007.Enkai Project All right reserved
inserted by FC2 system